ポルトガルを代表する陶磁器メーカー 授与 ボルダロピニェイロ 繊細なレリーフとアンティークな彩色が美しいエレガントな食器 トルテトレー 繊細なレリーフとアンティークな美しい彩色ルアノヴァ 3080円 ポルトガルを代表する陶磁器メーカー ボルダロピニェイロ 繊細なレリーフとアンティークな彩色が美しいエレガントな食器 ポルトガルを代表する陶磁器メーカー ボルダロピニェイロ 繊細なレリーフとアンティークな美しい彩色ルアノヴァ トルテトレー キッチン用品・食器・調理器具 配膳用品・キッチンファブリック お盆・トレー khangdien-verosapark.com.vn,繊細なレリーフとアンティークな彩色が美しいエレガントな食器,ポルトガルを代表する陶磁器メーカー,トルテトレー,ボルダロピニェイロ,ボルダロピニェイロ,/darken336630.html,ポルトガルを代表する陶磁器メーカー,繊細なレリーフとアンティークな美しい彩色ルアノヴァ,3080円,キッチン用品・食器・調理器具 , 配膳用品・キッチンファブリック , お盆・トレー khangdien-verosapark.com.vn,繊細なレリーフとアンティークな彩色が美しいエレガントな食器,ポルトガルを代表する陶磁器メーカー,トルテトレー,ボルダロピニェイロ,ボルダロピニェイロ,/darken336630.html,ポルトガルを代表する陶磁器メーカー,繊細なレリーフとアンティークな美しい彩色ルアノヴァ,3080円,キッチン用品・食器・調理器具 , 配膳用品・キッチンファブリック , お盆・トレー 3080円 ポルトガルを代表する陶磁器メーカー ボルダロピニェイロ 繊細なレリーフとアンティークな彩色が美しいエレガントな食器 ポルトガルを代表する陶磁器メーカー ボルダロピニェイロ 繊細なレリーフとアンティークな美しい彩色ルアノヴァ トルテトレー キッチン用品・食器・調理器具 配膳用品・キッチンファブリック お盆・トレー ポルトガルを代表する陶磁器メーカー 授与 ボルダロピニェイロ 繊細なレリーフとアンティークな彩色が美しいエレガントな食器 トルテトレー 繊細なレリーフとアンティークな美しい彩色ルアノヴァ

ポルトガルを代表する陶磁器メーカー 授与 ボルダロピニェイロ 繊細なレリーフとアンティークな彩色が美しいエレガントな食器 トルテトレー 繊細なレリーフとアンティークな美しい彩色ルアノヴァ 新作からSALEアイテム等お得な商品満載

ポルトガルを代表する陶磁器メーカー ボルダロピニェイロ 繊細なレリーフとアンティークな彩色が美しいエレガントな食器 ポルトガルを代表する陶磁器メーカー ボルダロピニェイロ 繊細なレリーフとアンティークな美しい彩色ルアノヴァ トルテトレー

3080円

ポルトガルを代表する陶磁器メーカー ボルダロピニェイロ 繊細なレリーフとアンティークな彩色が美しいエレガントな食器 ポルトガルを代表する陶磁器メーカー ボルダロピニェイロ 繊細なレリーフとアンティークな美しい彩色ルアノヴァ トルテトレー














19世紀のポルトガル文化に大きな影響を与えた芸術家RAFAEL BORDALLO PINHEIROボルダロ・ピニェイロ。1884年、ポルトガル中部カルダスライーニャで釜を開いて以来、伝統美術の中にモダンスタイルを取り入れるという試みと情熱は現在に引き継がれ、長い歴史の中で培われた技術と相まって、独創的で魅力的な製品を作り続けています。
ポルトガル伝統のタイル、アズレージョにアールヌーボーを取り入れた彼の作品にインスパイアされたRUA NOVAルアノヴァは、繊細なレリーフデザインと、アンティークな彩色が美しい、スタイリッシュなテーブルウェアです。

サイズ 49.5x15.5xh2.0cm

※ ハンドメイドの工程上、下記のことに関しましては良品として出荷
  させていただいておりますので、ご了承の上お買い求めください。
・ 生産ロットによる僅かな色の違い。
・ 表面の僅かな凹凸やチリ跡。
・ 高台裏の多少の凹凸や欠け。
・ 表面の色合いの違いや釉薬の濃淡。
・ 裏面のロゴマーク位置のズレ。
※ オーブンでのご使用はお控え下さい。
素材   陶磁器
生産国  ポルトガル

ポルトガルを代表する陶磁器メーカー ボルダロピニェイロ 繊細なレリーフとアンティークな彩色が美しいエレガントな食器 ポルトガルを代表する陶磁器メーカー ボルダロピニェイロ 繊細なレリーフとアンティークな美しい彩色ルアノヴァ トルテトレー

P+D MAGAZINEは書店での本との偶然の出会いを、WEB上でも提供するサイトです。
書店で偶然読みたい本を見つけるように、P+D MAGAZINEで素敵な本との出会いを体験してみてください。

△ 本との偶然の出会いをWEB上でも | P+D MAGAZINE TOPへ